広尾整形外科

 
menu HOME menu ご挨拶 menu 診療案内 menu 診療時間&地図 menu 院内設備 menu 医療連携・関連施設 menu その他 menu
 

整形外科

slash

リハビリテーション科

slash

顧問

 

original

顧問

 

栗山 節郎
 

医師 医学博士
本院顧問
日本鋼管病院顧問
日本リハビリテーション医学会専門医 
日本整形外科学会認定整形外科専門医

罫線

栗山 節郎 先生

 

88 カルガリーオリンピック日本スキーチームドクター 
'92 アルベールビルオリンピック日本スキーチームドクター
'94 リレハンメルオリンピック日本スキーチームドクター 
'98 長野オリンピック日本スキーチームドクター
'02 ソルトレークシティオリンピック日本スキーチームドクター

 

〈著書〉
『アスレチック・マッサージの実際』
『スポーツ傷害・救急ハンドブック』
『アスレチックリハビリテーションの実際』
『スポーツマンの運動療法』
『テーピングの実際』
『ストレッチングの実際』
『アスレチックトレーニングの実際』 等多数

 

罫線

 

近年、スポーツや健康に対する関心が高まり、プロスポーツの増加、専門スポーツ活動の低年齢化、女性・高齢者のスポーツ愛好家の増加などが見られています。
このようなスポーツ人口の増加やスポーツ活動の高度化・多様化が進むにつれ、スポーツによって生じる外傷や障害も増加しています。

我々は一流スポーツ選手からスポーツ愛好家の患者様まで様々なニーズにお応えするよう、日本鋼管病院と広尾整形外科で連携して治療を行っております。

 

罫線

 

渡辺幹彦
 

医師 医学博士
本院顧問
東京明日佳病院院長
日本整形外科学会認定整形外科専門医

'00 シドニーオリンピック野球公認チームドクター
'04 アテネオリンピック(長嶋JAPAN)野球公認チームドクター
第3回 WBC日本代表チームドクター

罫線

渡辺幹彦

 

罫線

 

肩、肘関節のスポーツ障害はスポーツ動作(投球動作等)が原因で発症します。そのため、肩、肘関節の治療のみを行えば良いというものではなく、全身的に捉 え治療していく必要があります。特に「投げる」という全身的な動作での痛みはそのパフォーマンス全体の問題であると考えられますので、効率が良く、合理的 なフォームを身につけることが、肩、肘関節のスポーツ障害において有効な治療方法であると思われます。

 

罫線